前回の続きです。 
ブレッドボードにターゲットのAVRやLVP可能なPICをぶっさして。データシートを見ながらMSIO,VCC,SCK,MOSI,RST,GND(PGDAT,VCC,PDCLK,PGM,MCLR,GND)にジャンパ飛ばしましょう。

AVRを書き込む場合は純正のAVRstudioを使えばOKでんし研さんところ
PICを書き込む場合は抵抗をはさんだりしてあげてでんし研さんところ
writer509をダウンロードしてきてここのw509.zipつかうといい。
今年初めにAVRISPmk2を買う前にこの情報を知っていたらどんだけお金が浮いたことか・・
机の引き出しで肥やしになっていたマイコンでしたが。今はすごく使える子です。